睡眠

【まだやってるの?】スマホ寝落ちを今すぐやめるべき理由

寝支度を済ませ、ベッドに入った後についついスマホ、見ちゃいませんか?

スマホを持っている人の半数以上は日常的にこれをやっているんじゃないかと思います。

中には「もうこれをやらないと逆に眠れない!」というほど習慣化されてしまっている人も多いと思います。

普段何気なくやっているこの行動、実はとんでもないデメリットが潜んでいるのです。

この記事に行き着いたあなた、今すぐスマホを見ながら寝落ちする習慣を直しましょう。

スマホ寝落ちをやめるべき理由

ブルーライトを発しているから

理由はこれです。

ブルーライトとは

ブルーライトとは

ブルーライトとは、波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のこと。ヒトの目で見ることのできる光=可視光線の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、このブルーライトが多く含まれています。

ブルーライト研究会

「可視光線の中で、最も強いエネルギーを持つ光」なのだそうです。

寝る前にブルーライトを浴びるとどうなる?

人間の脳は、光を浴びると「昼モード」、光を浴びないと「夜モード」になる性質を持っています。

寝る前にブルーライトを浴びると、脳が「活動する時間」と勘違いしてしまい、眠りを誘い維持してくれるメラトニンというホルモンの分泌を抑えてしまいます。

スマホの場合はパソコンなどと比べても、目からかなり近い距離で見ることが多いので余計にタチが悪いということです。

その結果、なかなか眠りにつけなかったり、眠りにつけたとしても脳が活性化しているため深い眠りに到達できない状態となってしまうのです。

やめるためにはどうすれば良い?

スマホを寝室に持ち込まない

これにつきます。

ワンルームなどの場合は、枕元から手の届かない場所においておきましょう。

最初は慣れないかもしれませんが、一週間も続ければ、あとはこっちのものです。

併せて心がけたいこと

一日の疲労を回復させる唯一の手段である睡眠の質を下げないために、併せて以下も心がけましょう。

  • 睡眠2時間前からスマホを触らないようにする
  • 夜はブルーライトカット眼鏡を使用する
  • 「ルテイン」などの光から目を守る栄養素を摂取する

ルテインは、スマホやパソコンから発せられるブルーライトから目を守る栄養素として、近年注目を浴びています。参考までにamazonのリンク貼っておきます。

DHC ルテイン 光対策 30日分 [機能性表示食品]

まとめ

良質な睡眠を得るために、スマホとは適度な距離を置きましょう。